Our Story

新しい農業のカタチを

名水と農業のまち 島原より

野菜は生産者から直接買うことがスタンダードな世の中を作る。

日本の食生活を支えている農業。
しかし現状は、農業人口の減少や海外からの
農作物の流入により、衰退していく一方です。
いまの農業を、この先の社会情勢や時代の変化に
耐えうる形に作り変えていくことが必要不可欠です。

2016年9月、島原半島11名の農家が集まって
「株式会社トトノウ」が誕生しました。

「自分が作っている野菜はどんな人が口にし、
どんな感想をもっているのだろう?」
ある1人の農家から聞いた言葉です。
いまの農業の仕組みではなかなか難しいものでしょう。

「都会と農業をつなぐ存在」
そうありたいとの意味を込めて、「トトノウ(都と農)」と名付けました。
農業のこの先に続く新しいカタチを整えていく役割を担っています。
消費者である皆さまに豊かな「しまばら野菜」を
お届けすることはもちろんのこと、
その売上を未来の農業へ投資していきます。
島原半島より、インターネットを通じた農作物の販売からスタートし、
生産者である農家と皆さん消費者をつなぐ企業として
この先の農業を見据えた事業を展開していきます。

農業の新しいカタチを創る、これを目標とし、
そのための仕組みをトトノウは創り上げていきます。

  • Shimabara farmers yasai shimabarayasai shimabarayasai vage
  • Totonou shimabara yasai agri
  • Our 3
Matsuo
Mitsuno
Kawahara
Tatsumi

Our Team

松尾 慧 (Kei Matsuo)

トトノウで主にFacebook・Blogを通して情報発信を担当。

島原という土地に根付く農家さんを丸ごとおとどけするため、日々ぱたぱたぱたぱた。 でもホントはのほほん生きたい人間なので、時間のある時は庭でほんわか土いじり。

「会社が大きく育てばのんびり出来るかなー」 なんて思いつつ、目の前にある農の花とまだ見ぬ都の花を咲かせるためのお手伝い!

光野 竜司 (Ryuji Mitsuno)

株式会社トトノウ 代表取締役 東京都世田谷区出身。

農業の新しいカタチを創るため、2016年1月に地域おこし協力隊の一員として 東京から島原へ移住。

9月にトトノウを設立し、島原半島の農家と共に行動を起こしている。 いまでは東京へ行くたびに人の多さに息苦しくなり、島原のほうが居心地が良くなっている。

川原 真美 (Mami Kawahara)

「目指せ一等米♪」と楽しみに、今年も天敵のカエルと戦いながら稲を刈りました。

大半を両親の苦労に頼りながらも、自分の手で収穫した作物にはとても愛情がわくものです(^.^)

格別に美味しい恵み野菜は、葉の部分から根っこの部分まで、“しっかり頂こう”がモットーの私ですが…最近、腰まわりが気になり始めた様な…いや、気のせいかな?

「おいしい!」の言葉は食事の合言葉♪そんな幸せ感じる素材豊かな島原半島の恵みをお届けする架け橋として、日々、奮闘して行きたいと思います。

巽 信吾 (Shingo Tatsumi)

島原の「たつみ写真館」会長。

経営を息子さんに任されてからは悠々自適の撮影生活。

「キレイな女の人を撮るのが一番上手なんです」

軽妙トークとフットワーク、持ち前のセンスと長年培った技術で
自身の愛する島原半島の素晴らしさを一瞬に詰め込んだシャッターチャンス探し。

“島原の魅力を全国へ!”というトトノウの方針に共感し、撮影協力を引き受ける。

松尾 慧

光野 竜司

川原 真美

巽 信吾